ネズミ駆除の方法とネズミが主に活動をしている場所

ネズミが主に活動している場所は、家の天井裏、物置、倉庫、排水溝などがあります。

排水溝以外の場所で活動しているネズミは、小さなハツカネズミがほとんどです。

天井裏や物置では、クモやゴキブリなどの小さい昆虫を食べるために動いています。


倉庫の場合は、野菜や米の入った袋があれば匂いを嗅ぎつけて、袋の上から中の食物を狙うこともあります。

排水溝で活動するネズミは、大型のドブネズミが生息することが多いです。

ドブネズミは、排水溝に生息しているゴキブリなどの昆虫から蟹まで食べますが、時には畑へいき農作物を荒らしまわることもあります。



どのネズミも人間に害のある病原菌を所持していることが多いため、早期の駆除が必要です。
ネズミ駆除の方法は、ハツカネズミの場合はスーパーやドラッグストア、通販でも購入可能なネズミ取りで対処可能です。

話題のエキサイトニュースはとても人気があり、興味深いです。

ネズミ取りの種類には強力な接着板を使用したものと、毒エサを使うものがあります。

毒エサを使う場合は、ネズミのエサ場に置けばエサと間違えて食べてくれますが、ネズミ駆除方法が成功したのかわからないのでややリスクがあります。

ネズミ駆除の方法に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

強力な接着板の場合は、ネズミが場所を覚えてしまう可能性があるため、接着板の上にチーズの破片を置くと効果的です。ドブネズミ駆除の方法は、小さければなんとかなりますが大きいと接着板に張り付いても逃げてしまい、毒エサも効果がないことがあるため駆除は難しいです。時間はかかりますが、大き目の動物捕獲用のカゴを使って捕獲をする方法もあります。ただ、所持している人はあまりいないと思いますので、困った時は専門の業者に依頼すると良いです。